トイレの水漏れ対処法と注意点

水漏れトラブルのうち、台所や洗面所で水が漏れていた場合、食事を外食にしたり、洗濯をコインランドリーで済ませたりすることができますが、トイレの場合は代用することができません。また、タンクに水を溜めているので、被害が広がりやすいリスクもあります。水漏れを発見したら、一刻も早く対処することが必要で、注意点もあります。

■トイレの水漏れの対処法

水が漏れているのを発見したら、まず、タンク回りにあるトイレの止水栓を、マイナスドライバーを使って閉めます。次に水が漏れている原因を確認します。パイプの接続部にあるパッキンの劣化やナットの緩みが原因であれば、自分で交換したり緩みを締めたりできます。
タンクや便器本体の異常は、自分で対応することは難しいので、専門の水道 修理業者に相談した方が良いです。また、水漏れ箇所が発見できない場合、タンクや便器の結露が原因ということもあります。原因が分からず、トラブルが続く場合は水道 修理業者に依頼してください。

■トイレの水漏れ時の注意点

トイレで水が漏れると床が濡れて滑りやすくなり、危険な状態になっています。厚手のクリーナーや雑巾などを使用し、水気をしっかり拭き取るようにしましょう。冬の寒い朝や夜であれば、タンクや便器本体に結露ができていることがあります。結露ができると水漏れと似た状態になるので、水が漏れていると勘違いしてしまいます。
トイレ内に結露ができないように、普段から換気に気をつけ、湿気対策を行うようにしましょう。結露はそのままにしておくと、カビが生える原因になるので、その都度、しっかり拭き取るようにしてください。

■まとめ
マンションなどの集合住宅の場合、トイレの水漏れの水道 修理が遅れると、他の部屋や下の階の住人に迷惑をかける可能性もあります。最悪の場合、賠償をしなければならない事態になるので、水漏れを発見したら、素早く原因を突き止め適切に対処することが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ