トイレの水漏れで便器を交換するケース

水漏れやつまり、老朽化などでトイレを補修する必要がある場合、大きく分けると修理と交換の2つの方法があります。便器本体を取り外し、新しく交換するリフォームが必要なケースはそれほど多くありません。どのような場合にトイレの交換が必要なのか、自分で交換することはできるのか知っておきましょう。

■便器を交換する必要があるケースとは

便器に何かが詰まってしまい、水が流れなくなったときは専用器具を使えば解決します。大量に水が流れ出す水漏れトラブルも、タンクの修理や部品交換で対応できるケースがほとんどです。トイレの交換しか解決法がないケースとは、便器本体にヒビが入ったり、割れたりしている場合です。
一般的な便器は陶器でできているため、割れやすく、スマホなどの物を落としただけでも傷がついてしまうことがあります。ヒビが入ったり欠けたりした便器をそのまま使い続けると、水漏れの原因になるので、なるべく早くトイレの交換をするようにしてください。

■便座だけ交換するなら自分でもできる

今ではホームセンターで便座が購入できますし、インターネットでも簡単に取り寄せることができます。便器本体ではなく、便座だけ交換するのであれば、特殊な工具を使う必要もないので、家庭でも取り付けることが可能です。ただし、トイレのタイプやサイズ、形状などによって取り付けられる便座は限られます。
ウォシュレットには自動開閉する蓋付きのものや、脱臭効果付きのものなど機能性が高い便座が多く販売されていますが、新しく便座を購入する際は、自宅のトイレに使用できるか、必ず確認しましょう。また、インターネット経由で購入する場合は粗悪品に注意が必要です。

■まとめ
水漏れトラブルによるトイレの交換はそれほど多くないかも知れませんが、長年使用していれば経年劣化によるトイレの老朽化は避けられません。交換する必要がない場合でも、新しい節水型の便器に交換することで水道料金を節約することもできるので、検討する価値はあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ